入居前に確認すること|トラブルにならない現状回復工事にしよう|正しい知識を得ておく
作業員

トラブルにならない現状回復工事にしよう|正しい知識を得ておく

このエントリーをはてなブックマークに追加

入居前に確認すること

男の人

賃貸物件を借りるとなったら、契約を結んだ上で入居することになります。しかし、初めて賃貸物件に住む、不動産のことは分からないという人はここでしっかりと確認しておかずに後でトラブルが起こってしまう可能性もあります。それは、原状復帰工事に関することです。今、このことでトラブルが起こっている件数がとても多くて、政府からガイドラインが発行されているほどです。このガイドラインには、原状復帰工事に関する内容が全て掲載されており、それに基づいて契約書にもこの工事について記載することになっています。ですが、人によってはしっかりと契約書を読まずにサインしてしまうことがあります。現代では、悪質な大家や不動産会社は少なくなっていますが、契約書に原状復帰工事の費用を退去時に必ず支払ってもらうまたは敷金から請求するというような内容になっていることがあります。

この場合、実は借りている側は損することになります。基本的には、原状復帰工事というのは管理している側が負担することになっています。その理由は、賃貸物件というのは通常の生活を送ることでできてしまう傷や多少の汚れは住んでいた人間が修復しないといけないっていうことではないからです。それに、どれだけ気を使って生活していても部屋に生活による負担は出てきてしまうので、こういったことを想定して契約を締結することになります。ですから、必ず原状復帰工事を行なう費用を支払うという内容はおかしいので入居する前に確認しておきましょう。もし、通常の生活を送っていてできないような傷や汚れを残してしまった場合は、原状復帰工事を行なわないといけませんので業者に依頼しないといけないというのは頭に入れておいて下さい。